Dockerをドッカドッカと構築する

By | 2015年1月14日

nigaraです。タイトル寒い。

CentOS6でDockerの構築。

Dockerインストール

  • epelレポジトリの追加。CentOS7は必要なし。

  •  dockerインストール。

Screenshot_from_2015-01-20 11:47:47

yum searchするとdockerとdocker-ioが表示されますが、dockerは同名の別物ですのでdocker-ioをインストールしてください(CentOS7だとdockerですが)。

  • docker起動

Screenshot_from_2015-01-20 11:48:40

以上でdocker本体の準備は終了。なんとも楽。

 

Docker操作

  • OSイメージの取得

Screenshot_from_2015-01-20 11:49:39

とりあえずubuntuを取得。他にFedoraやSlackwareなどもありますので、「docker search」やDocker Hub Registryで探せます。

  • OSイメージの確認

Screenshot_from_2015-01-20 11:50:12

取得したイメージが表示されます。

  • 起動&ログイン

Screenshot_from_2015-01-20 11:50:37

実はpullしないでrunしても自動でイメージを取得してくれます。

  • ログアウト&終了

ログアウトと同時にubuntuも終了します。

  • 再起動&再ログイン

まず コンテナ一覧を表示させる。

起動は「docker start (CONTAINER ID)」。

ログインは「docker attach (CONTAINER ID)」

  •  終了させずにログアウト(dettach)

Ctrl-pの次にCtrl-qでdettach。もしくはrunするときに

-dオプションを付ける。

  • コンテナ削除

コンテナを調べる

起動していたらストップ

削除

 

とりあえずdockerの基本的な使い方まで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です